チラシと製作者の意図や考え方と印刷

チラシは誰かが作っていて、それが印刷をされて配布され、ターゲットのところに行きます。
そうすると、人間は感情で動くので、印刷されたチラシの背後も感情も何となく伝わってしまいます。
中には、それを巧妙に隠すことができる人もいますが、作品には作者が現れるということで、ビジネスでの商品の販売ということでも、その気持ちが出てまうということがあります。
作品がチラシなわけで、それを見ると様子もわかるので、いくら配布しても、効果が出ないということもあります。
ある意味では人格や社風が出てしまっているということにもなります。
そうなると顧客を大切にしているのかどうかも分かってしまうということもありえます。
これは、ある意味で決まってしまっていて、今があるので、それから変えるということは、よほどのことがないとありえないということですが、名は体を表す、チラシは会社やお店、オーナーを表すということにもなります。
そのことは面白いとも言えます。

遺品整理 静岡
のリサイクルショップが承ります

ダブルベッドを買うなら通販が安くておすすめ!
送料無料で価格も安い!激安価格で販売中!

最新投稿